スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きららでみる巻数について

ヘイホーです。すこし制作に一段落したので今回は巻数についてのお話を。
巻数っていっても数の多さとかじゃなくて、発売するペースについてですけどね。
この前発売して寝る前に読んだ14巻目の夢食いメリー。気づけば読み終えてた。
気づけば14巻目。気づけば半年ペースでも7年目を超えた夢食いメリー。
616.jpg
という感じに気づけば巻数があっという間という作品でもありますが、
月刊ペース的にはやはりこのくらいの流れが一番ですね。どんどんたまる
週刊コミックスはもしかしたら本よりも電子コミックスがいいかもしれませんね。

きららでは基本4コマ作品なうえに月刊ということで、やはり巻数は遅いペース。
月に8Pくらいですからそりゃ単行本になるまでには1年かかりますよね。
 実はこの1年ペースは、4コマ界においては早いそうです。他の出版社によると
1年と1月、13か月というのが多いのですが、きららは11カ月あるいは1年と
いうことで、ペース的には速いです。さて、なんで早いのか。検証します!

KRコミックスであるきららは4コマ作品では絶対ともいえるカラーページの描き下ろし、
イラスト、キャラ紹介があります。カラーで色鮮やかな。中には連載誌による表紙を
載せたりします。フォワードにもよくあります。このカラーページが単行本のペースを
速めるひとつであります。ページ数も月一回と見なされれば、他の出版社とは違った
見せ方ができる上に単行本でしかわからない部分がみせつけることができるんですね。

一巻に多いのは、きっかけとか入学とか。2巻目から連載ペースが続く作品にはカラーで
しか楽しめない描き下ろしとか、番外編とかやったりしますよね。
この手のやり方によりビジュアルさという売りを出したきらら。しかしその分お金が他の
4コマより高いという点があります。

もうひとつ考えられるのは、きらら姉妹誌による出張作品。芳文社は大手4コマを
扱う点ではこの考えは非常に効率がいいと思います。4コマ作品ということでぺ
ージ数と4コマという一話完結スタイルも出せる上でまた違った作品を目にする
人もいて、月2回の連載となる作者には単行本のペースが速まるという利点が
あります。(その分苦労も2倍ですがw)
617.jpg
キャラットに登場したこみっくがーる。出張はよく単行本発売とかに多いです。

中にはフォワードのストーリー漫画を描いたりすることで、さらに単行本ペースを
速めることもあります。
618.jpg
きんモザはこのフォワードにて3回目4回目ですね。出張としては最多です。
○ヵ月出張連載もありますから、この手のやり方には芳文社さんにはただあります。

しかし、近い時期にはこんなこともありましたね。巻頭出張ゲスト。
きらら本誌にあれはあまりいいことではないと思う。私は思う。


ついでにけいおん連載時はきらら本誌、この手が毎月ありました。おもに
人気作をひっぱりだす感じですが、今ではそれも含めてという感じですね。
積極的に出張できる作者と難しい作者がいるようですね。よく単行本の
載せた月号をみると、わかると思います。

ついでにミラク本誌にほかの作品が載ったことってありましたっけ?
ページ数が違うからほかの連載からきた覚えがないなぁ。

この二つ以外にもあるとすれば、作者自身のあとがきですね。結構これを
楽しみにしてる人も多かったりします。おもにページ数はその都度変わる
ようですが、このあとがきによって次回の単行本がでるかとか作者の描き方を
変えたりしたとか色々あったりします。
619.jpg
Aチャンネルの作者であるbb先生とか面白いですね。

これにより単行本が地道に増えるKRコミックス。姉妹誌が増えたことにより
すっかり定番となった月2回のKRコミックスの新刊が12日と27日にあるんですね。

もっとも単行本ペースを速めるのは、アニメ化がやはり大きいですね。これにより
数か月連続発売という状況が。今だときんモザである原先生に。2回目ですねw。

アニメ化により単行本ペースが半年とか8カ月とか放送時期に合わせるとか
いろいろありますからね。いい目でみれば続きが楽しめる!心配でみれば、
作者の身体が…。

巻数が多い作品にはメディアミックスの展開が少なくてもあった人気作品で
あること。そしてそれだけ読まれている読者がいるんでしょうね。きららも
○○記念とかで作品に何か手をつけてもいいと思うんですがね。

休憩終了~。再び制作にとりかかります。ヘイホーでした。

テーマ : まんがタイムきらら
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほどです!
ミラクの場合はさらにページ数が多めなので、コミックス出るペースが早いですね。

他誌からミラクへの出張ゲストはなかったような気がします。

きんモザのフォワード出張は多いですねw もう何回目だから分からなくなってましたが3回もしてましたか。

2本立ても最近多いですね。
こみっくがーるずが次回2本立てだそうで…

No title

<クロスケさん>
とくにMAXで連載する作者はいまのところほかのきらら系としては出張ゲスト回が多い印象です。2本立てはきららがよく取り入れますが、それをキャラットで見かけることはあまりありません。と、作者次第のようですが、なぜにミラクだけは出張があるのに本誌には載らないようです。やはりページ数の問題?ミラクならではの事情があるそうです。

原先生はきんモザ1本ということになってから積極的に出張ゲストができてるかと思います。同じくMAXのこみっくがーるずも2本ですね。この前出張してたんですがねw。

きんモザのフォワード出張は4度目になりますよ
かくれんぼ回、イギリス過去回、シノ綾回、そして今回なので

出張や2本立てがあると、次の巻が早く出るのは嬉しいですね
作者の負担にならない程度に、今後もこのようなことをしてほしいかなと思います

No title

コメントありがとうございます。うっかりですがフォワード出張は4回でしたね。訂正させて頂きます。ここんとこきちんと読めないことが多くてごっちゃになってましたw。

無印のきららは今ではなかなか考えられないですがフォワードからの出張連載(ストーリー漫画)がありました。逆にキャラットでは最後に連載していた竹本先生のストーリー漫画が今では見られないのも不思議に感じるところがありますね。さらに言うとフォワードにも4コマがありましたね。
フォワードがでない頃のきららはA5の大きさでストーリー漫画の作品もありますよ。

全記事表示リンク

プロフィール

ヘイホー

Author:ヘイホー
ヘイホーと申します。
こちらは芳文社の「まんがタイムきらら」系列を中心としたネタや豆知識を追求する特化ブログであります。さらにパソコンを使った画像処理もおこなっております。
兄弟ブログにて「RETRO OFF」も書いています。こちらもよろしくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧

キャラソニ!
きらレンダー
709.png
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク(修正)
ヘイホーの1日
000.jpg9月21日
「きらレンダー更新です」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。