キャラットにニュース。まずは悪いニュースから

ヘイホーです。今回はいい話と悪い話があります。

まず悪い話からしましょうか・・・。
673.jpg
こんな記事がでてきました。きららの私にとっては見過ごせない・・・。

高部あいさんがコカイン所持をしていたとして逮捕されました。
これにより彼女がつとめた役の一つとして、あぎりさんがでる
2012年放送テレビアニメ「キルミーベイベー」が書かれています。

声優詳しくないでしたが、アニメのキルミーはたった6人のキャスト、
メインキャラであるあぎりさんをつとめたことなので、最初はまさかと
思いましたが・・・。残念でしかたありません。

アニメファンからも様々なコメントがみられます。ですがこれだけは
いいたい。キルミー二期が消えたとかネタ半分楽しんで書かないで・・・。

キルミーのネタにいろいろ遊ばれているのですが、決して関係ない
話ではありませんが全然いい話にもなりません。むしろこの出来事を
きっかけに悪いイメージばかりが浸透しそうでネットの恐ろしさを
予感しています。この内容は決して他人事ではないと言いたいのです。

コカイン所持をしたとかそうゆうの詳しくないんですが、悪いことは
悪い。でもキルミーは悪くない。ネタにするにもほどほどにしたい。
キルミー二期が消えたんだとか堂々と題文にして変な注目される
ような先を見ない記者なんかに、あてにするもんではないですね・・・。

この前もひどい記事を見ましたよ。手塚治虫のせいでアニメがとか
書いた内容。あれもひどかった。まるで手塚先生戦犯みたいな
誤解させる内容を堂々と載せることに。事実ですが伝えるべき
内容が非常に客観性がずれています。今回の記事もそうですわ・・・。

まぁ向こう側は何書こうが注目されればいいやなんて書いてるんで
しょうかね・・・。そうでもないんならこんな記事載せないはずなんですから。

書いてない?わかりやすく書きましたって?分かりやすい内容に
取り上げてそれでいいと思います?そもそも伝えるべき内容がおかしいですねえ。
「キルミー二期の夢は消えた」←まるでキルミーが取り上げてるかのような記事ですよ。

キルミー二期が消えたとかじゃなく、高部あいさんの活躍が途絶えたですよ。
勝手に終わらせるような内容を大文字に取り上げるもんじゃないって・・・。

声優さんが捕まるような内容はつい最近再放送してたワンピースのイワンコフ役
交代があったなぁと意識してた(あの時期はいろいろとかなしいニュースあったなぁ)
のですが、あくまで声優さんは声優さん。一人の人間として罪を犯したニュースに
すぎないだけです。ただそれが偶然あぎりさん役の高部さんだっただけの話です。

すこしギシギシした内容ですので、これで締めましょう。
薬は薬(やく)に立つ。役ではない。
薬(ドラッグ)に手を出す状況であったとしても、たとえ役に立ててるとしても
それは薬のおかげ。薬に頼る状況では役にも立てないってことです・・・。

さて、今度はいいニュースを。なんとキャラット連載中のNEW GAME!がアニメ化
であります。詳しい内容はその下の記事にて分離してますんでよろよろ~。

いいニュースを!NEW GAME!アニメ化決定!

ヘイホーです。なんとNEW GAME!がアニメ化が決まりました。
驚きです。このタイミングに来たということは、放送するつもりだったの
ですね。しかも感覚的にアニメラッシュなきらら、連続して人気作を
アニメにしますね。いやーアニメ化ようやくですが決まりましたか。
672.jpg
NEW GAME!は得能正太郎先生の作品でキャラットにて連載中です。

そうです、キャラットは作品別ではキルミー以来のアニメ化なんです。
しばらく途切れていましたが、ひさびさに嬉しくなるニュースでありますね。

キャラットはかつてアニメ化としてドージンワーク、ひだまりスケッチを
先頭にGA、Aチャンネル、キルミーベイベーとアニメ化をしていきましたが
ひだまりをはさんでの放送がつづいたばかりに知名度は上ではありましたが
ここんとこの連載からは前ほどの活気がない様子でありました。

しかし、得能正太郎のNEW GAME!が連載し、SNSで話題となった
青葉のセリフ「今日も一日がんばるぞい」が人気となり、グッズや
表紙をかざったりと比較的好調に進んでいたNEW GAME!、ついに
アニメ化となったことには予測はしてましたが今きましたね。

NEW GAME!はお仕事4コマ。ゲーム会社に入社した青葉のおはなし
です。キャラットとしてもきららとしても違う部分は年齢ですね。
高校生が基本のなか、お仕事としてきららを見るのはある意味
なかなか未知な領域かもしれませんね。

部類としてはおもしろいというよりもお仕事熱心な青葉達を
見守る作品ですね。ゲーム会社でありますと、かつて連載していた
ぷらぱ先生のR18!ですが、あれはエロゲーでしたね。

NEW GAME!はゲーム会社ですので興味あるかたは是非読んで
みてはどうでしょうかね。比較的読んでる方多い作品ですけどね。

現在アニメを控えてる作品でありますと、放送込みで
きらら:三者三葉 MAX:ごちうさ(放送中) キャラット:NEW GAME!
フォワード:あんはぴ♪ ミラク:なし

ここまでアニメを控えるようになったのも、芳文社気合入ってると
思います。だいぶいろんな作品とか変わったり変化が起きたりする
時期なのもきっとなにかあるのかなと思いますね。

アニメ楽しみにしています。もう一度読み返しておこうと思います。
まずはまだ手に入れていないMAXも買いに行かなくてはな。

あfろ先生を書いてみる。

どうも、ヘイホーです。今回はあfろ先生について書きます。

あfろ先生、そうですまさかのあfろ先生です。読み方はあふろでして、
ウェブで確認できるのであれば、きららのラインナップにて、
あどべんちゃら先生→あfろ→阿部かなりと順番が並んでいますね。

さて、わたしが読み始めたあたりではやはりオレンジですね。
タイトルもぶっとんでますが話もだいぶぶっ飛んでました。

なかでもシリーズの中によく出るツカポン率はもはやあfろ先生ならでは。
オレンジが終わったあとには今度はシロクマが連載、片持ちにかつ
て連載されていたUFOOOとか、ほむらたむらとかもありますね。

アンソロジーでもけっこうぶっとんでるのもありますよね。
とにかくあfろ先生の作品は異色ながら面白い人だと思います。

現在、ゆるキャン△が連載中、この作品を読んでて気づきました。
あfろ先生、今までの作品でも日常というよりは非日常部類で
ありましたが、今回の作品は非常にのんびりした感じがあります。
671.jpg
ゆるキャン△、連載に当たる部分ではフォワードとしての連載であり
大ゴマをつかった景色の光景や風景、流れや人間性、あfろ先生、
絶対バイクにのって描いて来てるんだろうかと感じさせます。

バイクといえば、あfろ先生作品においてもよく出ますよね。きららに
そう機会ものかく人最近では見なくなったんですがね・・。

ゆるキャン、読んでると私もアウトドア行きたくなりますねぇ。
自然を感じたい、自然と一体したいなぁと思いますねぇ。

そういやあと一ヶ月すればこっちは雪降るなぁ。雪の準備とか
しないといけないなぁ。地方なので自然とかそうゆうの好きなんで
とても住みやすいんですが、もっと自然を感じたいですねぇ。

さて、あfろ先生の話に戻します。きらら作者としてはいろんな
魅せ方をみせてくれます。どっちかというとギャグ性が強いのですが
シリアスさや設定が若干よくわからないこともあります。(私目線だけど)

ストーリー漫画として連載する今回のゆるキャン△はあfろ先生の
新しい発見があるのかと思いまして、発売楽しみにしています。


○本最終回だと!?

どうも、ヘイホーです。
昨日12時にまんがタイムきららのページをみました。
表紙なんだろうなぁと思ったら、モカ姉さんと青山さんの
かわいい表紙に癒されたと思った瞬間、衝撃的な文字が!

○本の住人最終回!(°д°)え!

これに目を疑いました。え、予告も書いてなかったよね?
どうやら最終回をむかえることになった○本の住人・・・。
MAXで一番長く連載していたきららの最古連載作品・・・もついに
完結を迎えるんですね・・・。先月のは少しなんかあるのかと
思ってたんですが、びっくりです。

ツイッターでは同じ最古連載として荒井チェリー先生との会話も
ありましたが、Kashmir先生は元から決めてた様子ですね。

最終巻は12月のようで。うーん突然過ぎてちょっと悲しいです。

ですがKashmir先生の次回作があるようなので
ぜひとも読みたいです。記事もありますね→URL

三者三葉のアニメ化のひきかえに○本という連載の作品が
終わる結果になったのは関係ありそうなないそうな。

まだMAX手元にもってないで早く読んでみたいです。(わたしの地域は20日)

Vo、独立創刊lの現在連載中作品では
きらら→三者三葉
キャラット→ひだまりスケッチ、GA
ミラク→桜Trick、幸腹グラフィティ

長く続いたフォワードでも「据次」「一年生」のほかに
きららでは「かみさま」やMAXでは「ワンダフル」とか。

創刊号時代の作品というのは思い出深い作品が
つよいんですよね。やはり終わらせたくない、連載として
芳文社では見られる定番的な作品があったりします。

Kashmir先生、お疲れ様と言いたいところですが
お疲れ様というよりもここから頑張って欲しいところです。

三者三葉について語る

ヘイホーです。三者三葉について語ります。(唐突に)

荒井チェリーの作品を読んだ方ならこの作品を読まないわけがない。
きらら最長連載にして最も巻数が出てる萌え4コマ。なお日常系としても
長期に渡る連載であります。

さてまず三者三葉の知名度ですが、「まだ連載してたんか!」と
漫画界においてもびっくりすると言われるほど前から知られている
三者三葉。連載としても巻数が飛び出てることに有名だったようで
終わらない4コマとも言われています。もう高校何年生だかww・・・。

登場人物も手に数えるくらいの少なさでありながら、高校生ながら
先生も授業もあまりない三者三葉、基本は葉子様の庶民生活に
楽しむだったような、あれ?双葉が転校してきたんだっけ?

もう何年も連載していればあの回がどの巻なのかすらわからない
三者三葉ですが、安定しての面白さがあるのです。まるでサザエさん

さて三者三葉、アニメになるとしたら当然ながらやる話数、やる内容に
無理がありますよね。なんでカンタンにできるあらかじめの内容を
ここで予想しますかね。まぁ予想なんで信用ないんですけど。

・まずは葉子様は高校生にしてお嬢様から庶民の貧乏人に。
・そんで双葉が大食いによる回。辻兄弟の関係が必要なので。
・葉山と西山の猫対決。近藤さんの余計な一言が楽しみ。
・レアキャラになりつつある竹園ぼっちゃんと桜もありますね。
・目玉なのは薗部さん。彼女の登場に三者三葉はだんだんおかしくw。
・山Gは常にいるんでしょうかね。お父さんは言うまでもない。

やる内容が登場する回なのがありそうですね。そうなると話数が
もっと欲しいといったところですね。長期連載によるアニメ(日常)は
話が大事ですから、どの回をやるかなんてそりゃ予想しきれませんよ。

個人的に思い出深い話は・・・
・双葉が一芽に負けたときの話
・水着回の話
・葉子父の帰省の話
・照のサプリメント飯
・桜の音痴回。
・合宿回

もう長く読んでるとどの回がどうゆうのなんだったかわけわからんと
いうんでまた読み返したいと思います。さて何日かかるかな・・・w。
小説版も読んでいましたがこちらは普段とは違う三者三葉がみれて
いいもんです。ちょっと切ないんですが、葉子様の母について書いてます。

三者三葉、ストーリーこそないですが、読みたい話関係なく、例えば
今日は○巻のとまったところで読もう。なんて読み方もできたりします。
まぁ一話完結なんで順番も関係ないですね。

順番なんですが、ふとサザエさん時空にはいってる三者三葉、各キャラの
登場のが時期にバラついているのにも関わらず7月に登場したキャラが
5月に登場してたりすることもあったりします。親しかったりといろいろある
から、三者三葉はやればやるほどこれからの「イベント制」があったり
なかったりする。(同じ年の夏休みの宿題を繰り返すように)

一番突っ込んではいけないのは、「前は□□」「将来は○○」「高校卒業に△△」
とか先も語らないことにある。繰り返すから受験も進級もなにもなーい。

しかしながら、荒井チェリーの世界観として共通するきらら作品は
実は年が立つという。一年から二年になることもあったりして
同じ世界観ながらそういった違いがあるからなんだか不思議だ。

チェリー作品のキャラも登場してもおかしくない。ということはこのアニメ化は
荒井チェリー作品としての第一歩の作品なのかもしれない?

是非ともお嬢様3人組のそれぞれの高校生活をアニメで見てみたいもんですね。

ごちうさ2期の1話を見ました。

ヘイホーです。また忙しくなってきました。

息抜きにこのまえAT-Xで一話無料放送を見ました。てかごちうさの情報がまるっきり
確認してないw。HP見る習慣昔あったんだけど最近は全く見てない自分がいる・・。

二期の放送待ち遠しかったです。一話をみて一つびっくりしたのはキネマとの共同で
制作したことによる変化があるのではないかと思いましたが、そんなに大きな変化は
ありませんでした。ごちうさクオリティ高いなおい。

さて二期になっても安定のごちうさ。やはりきららの中でも久々にきた萌えアニメの
究極性がありますね。チノちゃん眩しいよ。こんな子ほっとけない人いねえよw。

BDを見返す限り表情が豊かになったチノちゃん。そしてココアの元気っぷりが
何よりラビットハウスを騒ぎ立てることになるんでしょうかね。なお二期の一話は
ココアのカメラ回。時系列もそのまま続いているようですね。

きららとして一番勢いに乗ってるのがごちうさのようですが、二期ではさらにどう
なるのかが見ものです。ごちうさ、BS放送から順にゆっくり見ていきたいですね。

余談:キネマと組んだことあって、一話での雑誌裏には見覚えがあるような物がw。

すっぽかしてたぜ!

どうも、ヘイホーです。いやーすいません。しばらくあけていました。
いやはや、この間までアニメ制作をしていまして、終えた9月末でしたが、
そこから仕事やら学校やらで時間がなかったです。

パーテンション変更時間の合間に記事を書かせていただきます。
すっかりきららネタもやらんなくなってきた等ブログ。
タイトル通りOFFになってはいけんぞということですね。

さて、すっかり秋模様ということで夏に放送されたわかば、がっこう、
城ダンもすっかり終えてしまいました。そして秋にはごちうさ二期が
やってくるという一年間きららウィーク。ましてや最古の三者三葉に
あんはぴ♪までアニメ化されていて、大変めぐまれているきららに
もっと盛り上げるべき部分ありまくりなのにわたしったら・・・w。

すいません。アニメの時間はとるのですが書いてる時間、
読む時間もなかなかないです。本当すいませんね。

ですが今度こそはきちんと書いてきたいです。そうですよね。

わたしの近況では現在お金がやばい状況でして、なにせ
幸腹グラフィティBD6巻、ハローきんいろモザイクBD4巻に
わかばガールBD1巻、がっこうぐらし!BD1巻、そして明日に
城下町のダンデライオンBD1巻ということで、総額が
4万超える状況にごちうさの新刊すらまだ手に入れられない
状況です。きつい、でも欲しい。アニメの円盤高いのはわかってます。

さてわたしからこの5つのアニメ、詳しく書いてないんであとで
まとめてみたいと思います。幸腹全部集まったしね。ボックスもきたし。

今が一番高いんですが、耐えるときです。しかしごちうさBDを考えて
みたら3枚買う時期がしばらく続くようですね・・・、今年大丈夫かな・・・。

まだBDしっかりみてませんが、わかばが手元にあったんでみました。
エンディングはつけ消しできるとは。気軽に見るにはこのわかば、
とってもみやすいっすね。数分アニメって今までメリットあんまし
思いつかなかったんですが、こういった発見があることに気づいたのは
今後も数分アニメに手をつけるかもしれない・・・。

そういえば数分アニメといえば、芳文社として「小森さんは断れない!」が
ありますね。あいにく放送みれない・・・おのれMXめ。おっサンもちょっとね。
どうゆう風なのか気になります。芳文社、一迅社みたいに数分アニメ&都市部
放送だけはやめてほしいですね。地方のわたしらはBS、CSしか頼みの綱が
ないんすからね。別に切れてませんよ。こんなことしょっちゅうですからw。

さて無事に3作品BSで放送できたのは嬉しいですが、今後はどうなることやら
再びひやひやしながらきらら新刊を買う日がきますね・・・。

こうもしてるうちにごちうさ二期がもうすぐ始まります。モカさんの登場が
すっげえワクワクしてます。なんも情報みてないんであとで確認しますがw。

また近日←未定だけど更新します。今度はすっぽかせんぞ!ヘイホーでした。

全記事表示リンク

プロフィール

ヘイホー

Author:ヘイホー
ヘイホーと申します。
こちらは芳文社の「まんがタイムきらら」系列を中心としたネタや豆知識を追求する特化ブログであります。さらにパソコンを使った画像処理もおこなっております。
兄弟ブログにて「RETRO OFF」も書いています。こちらもよろしくです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧

キャラソニ!
きらレンダー
709.png
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク(修正)
ヘイホーの1日
000.jpg9月21日
「きらレンダー更新です」